道後温泉の格調高い温泉宿の紹介

「道後温泉」は魅力もたくさんあって一度ならず何度でも足を運びたいものです。
三千年の歴史を誇る名湯「道後温泉」は、共同浴場「道後温泉本館」の周辺に、数多くの宿泊宿があります。これらの宿泊宿に滞在して「道後温泉」をゆっくりと満喫されたらどうでしょうか。道後温泉のお勧め宿泊宿・ホテルを紹介します。

・鮒屋旅館(ふなや)・<愛媛県松山市道後湯之町1-33>
道後温泉に江戸時代空開業し、以来380年という老舗旅館です。宿全体が老舗らしい落ち着きと風格があります。旅館客室は京都の数寄屋大工の匠の手になる特別室をはじめ五十四室。正岡子規が『亭ところ亭ところ渓に橋ある紅葉哉』と詠んだことによって名づけられた「もみじ橋」を渡り、庭園を横切る渓流を見下ろしながら露天風呂、檜風呂、石風呂を堪能でき、古代から湯治に親しまれてきた、体にとても良いアルカリ温泉「道後の湯」を、歴史や文学に触れながら満喫できます。

・道後温泉 大和屋本店・<愛媛県松山市道後湯之町20-8>
外観は風雅な数奇屋造りの温泉でです。四国松山は、藩政時代から能楽が盛んに行われてきた土地で、歴史と伝統を守るため大和屋では四階に能舞台「千寿殿」を設けており、毎日、舞いの披露があります。お風呂は日本庭園を眺めながらの露天風呂、広々として落ち着いた雰囲気の大浴場や檜風呂、足湯、手湯まであり、心ゆくまで道後のお湯を堪能することが出来る。また、この街ならではの、「足湯」「手湯」も、大和屋本店の玄関脇にも用意してあり、歓迎の意を感じます。

・道後館・<松山市道後多幸町7-26>
世界的に有名な建築家、故・黒川紀章氏の設計された宿泊宿です。どこか懐かしい江戸情緒とモダン、現代風な洒落た風合いが調和している外観と館内です。客室は一部屋、一部屋凝っており、京風、民芸、花数寄…など、どれも格式高い造りとなっています。三千年前から湧き続けるも、あつ湯、ぬる湯、打たせ湯、露天風呂、寝風など清潔で広々とした空間で楽しめます。また、大浴場には檜造りの寝湯や松山城一望の露天風呂、打たせ湯などがある。

道後温泉の見所と魅力

四国愛媛県松山にある道後温泉を紹介します。

道後温泉は、日本書紀、万葉集にも登場する3,000年の歴史を誇る日本最古の温泉です。泉質はアルカリ性単純泉で神経痛や筋肉痛に効く以外にも、やわらかい肌ざわりでさらりとしたお湯は、肌がなめらかになる美肌効果もあり、女性にも評判の温泉です。その昔、足を痛めた白鷺が岩の間から流れ出る湯に浸していたところ、傷は癒えて、飛び立って行くのを見て、村人が手を浸すと温かく、温泉であり、効能を確認したという伝説があります。これが道後温泉の発見とされています。
また、神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しんだ。大国主命は小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたという神話も残されています。
夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台になったことで一躍有名になりましたが、聖徳太子、一遍上人、小林一茶など、多くの歴史上の人物が訪れ、古来より名湯として知られていました。

温泉街の中心にある「道後温泉本館」は別名「坊ちゃん湯」とも呼ばれ、道後温泉のシンボルです。築100年の歴史があり1994年に国の重要文化財として指定されました。三層楼の最上層、振鷺閣 (しんろかく)のてっぺんには、大きく羽を広げた伝説の白鷺が据えられ、赤いギヤマン(ガラス製品に彫刻をほどこしたもの)を張り巡らせた天井の中央から、刻太鼓が吊るされています。太鼓は朝6時30分に太鼓の音で開館を告げ、湯の町の1日の始まりと暮れを告げます。「道後温泉本館」には、1Fに「神の湯」、2Fに「霊の湯(たまのゆ)」がある。神の湯男性浴室のみ2ケ所浴室があるが、女性客の増加に伴い神の湯女性浴室にも2つ目の浴室が設けられる予定です。


この温泉情緒を漂う光景は、環境庁の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれています。また、宮崎はやお監督の「千と千尋の神隠し」は、この「道後温泉本館」をモデルに描いた、と言われています。
タグ:道後温泉

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。