黒川温泉記事一覧

黒川温泉の魅力と見所

黒川温泉は、近年脚光を浴びている温泉地です。
黒川温泉は、九州は熊本、阿蘇北側の山あいの環境にあります。秘湯、温泉宿がひしめく中で、黒川温泉は地元の人たちの「湯治場」として親しまれてきました。
「田舎らしいさを出そう」というコンセプトを元に、温泉手形の発行など様々なアイデアが実行され、温泉地・黒川が全国的に人気の高い温泉となりました。

黒川温泉の泉質は、含食塩芒硝硫化水素泉で、神経痛、リウマチに効果があるといわれています。
黒川温泉の露天風呂巡りに便利なのが、「入湯手形」です。黒川温泉観光旅館協同組合が1,200円で発行しており、各旅館で購入できます。
「入湯手形」は、木を輪切りにしたものに、「黒川温泉 入湯手形」と焼き印されいます。3ヶ所のシールが貼られていてお風呂に入る毎に、シールが1枚づつ剥がされ、そこの旅館のスタンプが押されます。黒川温泉の温泉街では温泉手形をぶら下げた、浴衣姿の観光客と行き交うのもお馴染みの光景です。
阿蘇山のふもとで道路を走っているだけでも自然スポットを目にすることができます。
馬を放している大草原の「草千里ヶ浜」や、まるで鉢を伏せたような形の「米塚」などが観光スッポトです。この「米塚」は、阿蘇の神・建磐龍命(たけいわたつのみこと)が米を積み上げ、頂上の窪みは、貧しい人々に米を分けた跡だとされています。
この自然パノラマを千里展望所から一望することができます。
また、熊本城の城内の桜は約800本もあり、シーズン中は夜間開園もしており、春に訪れた際は是非、立ち寄りたい名所です。
タグ:黒川 温泉

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。