有馬温泉お勧めの宿泊宿とホテル

有馬温泉における魅力的な宿泊宿やホテルを紹介しましょう。
有馬温泉の温泉街は、狭い坂道が入り組み風情たっぷりです。
有馬温泉の歴史ある温泉宿を3件、紹介します。

@「銀水荘別館 兆楽」
神戸市北区有馬町1654―1。
「銀水荘別館」では2種類の金泉とラドンたっぷりの銀泉が、館内大浴場と露天風呂で楽しむことができます。テーマは「二泉十二浴」です。露天風呂に行く途中で、森林浴や温泉の中の歩行浴なども楽しむことができます。内湯と露天は趣をこらした12の浴槽があります。宿泊されますと、これらをすべてお楽しみいただき、温泉三昧のひとときを、ゆっくり過ご巣ことができます。夕食は旬の食材を盛り込んだ会席料理、朝食は干物を目の前で焼いてくれるサービスもあります。

A「元湯龍泉閣」
兵庫県神戸市北区有馬町ウツギ谷1663。
「元湯龍泉閣」は有馬の高台にある一軒宿です。貸切露天家族風呂があり、春には桜、秋は紅葉、夜は星空を満喫できます。「元湯龍泉閣」 は大家族や、複数家族での宿泊におすすめです。特に小さな子様連れの家族に喜ばれる設備やサービスが数々あり、1200冊の絵本があるキッズコーナーやベビールーム、無料貸出しベビーカー、浮き輪やビート板などの子ども遊具を無料貸出しをしている室内温水プールもあります。食事なしの「素泊まり」プランや、料理コースで宿泊プランを選ぶことができます。また、お子様ご膳や乳児食もあり、小さな子共連れの家族旅行に優しい宿です。

B「橋乃家別館 嵐翠(らんすい)」
神戸市北区有馬町1684。
「橋乃家別館 嵐翠」は、庭園のなかに独立した建物で、歴史がかもし出す懐かしさと純和風木造りの料亭旅館です。季節の折々に新緑や紅葉、河鹿の鳴き声に心癒されるひと時を過ごすことができます。檜のぬくもりただよう金泉露天風呂からは滝川が望め、予約を取れば、家族風呂、貸切風呂として使用できます。

このほかにも、有馬温泉には、魅力的な宿屋ホテルが多数あります。ぜひ、有馬温泉をたずねてみたいものです。

有馬温泉の魅力と見所

有馬温泉の魅力や見所とはどんなところでしょうか。
有馬温泉は、戦国時代にさかのぼって豊臣秀吉によって再建され、最も愛された日本最古の温泉で、「日本書紀」にも登場する歴史ある温泉です。
有馬温泉は、地理的にも関西の都である大阪、神戸から一時間ほどの近距離にあります。それほどの近い距離にありながら、自然豊かで関西の奥座敷と呼ばれる六甲山麓の温泉地です。
有馬温泉は、日本の三古泉・三名泉の一つで、泉質は赤く褐った塩化ナトリウム泉の「金泉」と、無色の炭酸泉「銀泉」の2種類があります。
有馬温泉のお湯は、遠く南の海底へ潜り込んでいるフィリピン海プレートから、有馬の地下で分離された水が上昇し、有馬温泉の「金泉」となって噴出していることが近年、判明したそうです。
「金泉」と「銀泉」を交互につかれば、泉質の特性を活かし、相乗効果があります。そんなことから、有馬温泉の見所に「源泉めぐり」が人気となっています。
天神泉源 、有明泉源 、炭酸泉源、太閤泉(飲泉場)、極楽泉源 、御所泉源 、妬(うわなり)泉源と言った源泉があります。
これらの源泉を温泉名やゆかりのある歴史をのせた順路ガイドに従って、歩いて巡ります。「金泉」の味は、しょっぱく、「銀線」はピリッとした炭酸独自の味がします。この炭酸泉は、昔は「鳥類、虫、けだものがこの水を飲めば、たちどころに死すなり」と言い伝えがあり、毒水として近づくのも禁止されていました。明治8年に内務省司薬場が検査をすると、飲料水として大変、優れていることが判明したのです。この炭酸泉は「鉄砲水」とも呼ばれ、やがて日本の「サイダー」の誕生となりました。
このように、有馬温泉はたいへん魅力的な温泉です。できれば一度は行ってみたいものです。
タグ:温泉 有馬

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。