道後温泉の見所と魅力

四国愛媛県松山にある道後温泉を紹介します。

道後温泉は、日本書紀、万葉集にも登場する3,000年の歴史を誇る日本最古の温泉です。泉質はアルカリ性単純泉で神経痛や筋肉痛に効く以外にも、やわらかい肌ざわりでさらりとしたお湯は、肌がなめらかになる美肌効果もあり、女性にも評判の温泉です。その昔、足を痛めた白鷺が岩の間から流れ出る湯に浸していたところ、傷は癒えて、飛び立って行くのを見て、村人が手を浸すと温かく、温泉であり、効能を確認したという伝説があります。これが道後温泉の発見とされています。
また、神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しんだ。大国主命は小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたという神話も残されています。
夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台になったことで一躍有名になりましたが、聖徳太子、一遍上人、小林一茶など、多くの歴史上の人物が訪れ、古来より名湯として知られていました。

温泉街の中心にある「道後温泉本館」は別名「坊ちゃん湯」とも呼ばれ、道後温泉のシンボルです。築100年の歴史があり1994年に国の重要文化財として指定されました。三層楼の最上層、振鷺閣 (しんろかく)のてっぺんには、大きく羽を広げた伝説の白鷺が据えられ、赤いギヤマン(ガラス製品に彫刻をほどこしたもの)を張り巡らせた天井の中央から、刻太鼓が吊るされています。太鼓は朝6時30分に太鼓の音で開館を告げ、湯の町の1日の始まりと暮れを告げます。「道後温泉本館」には、1Fに「神の湯」、2Fに「霊の湯(たまのゆ)」がある。神の湯男性浴室のみ2ケ所浴室があるが、女性客の増加に伴い神の湯女性浴室にも2つ目の浴室が設けられる予定です。


この温泉情緒を漂う光景は、環境庁の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれています。また、宮崎はやお監督の「千と千尋の神隠し」は、この「道後温泉本館」をモデルに描いた、と言われています。
タグ:道後温泉

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。