古都京都の文化財

日本にも世界遺産は、多数あります。
2008年現在、日本の世界遺産は、文化遺産が11ヶ所、自然遺産が3ヶ所あります。それらの世界遺産についてここで紹介していきたいと思います。
まずはじめに、日本の世界遺産・古都京都の文化財の魅力を訪ねる旅について紹介します。

世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し、普遍的な価値をもち、後世に残したい意味を持つものを指します。
日本は1992年に先進国では最後の126番目の加盟国となりました。優れた普遍的価値をもつ建築物や遺跡を「文化遺産」、優れた価値をもつ地形や生物、景観をなどもつ地域を「自然遺産」、文化と自然を両方兼ね備えた「複合遺産」、後世に残すことが難しくなっている「危機遺産」の4つに分類されます。なお、日本では「複合遺産」の認定はありません。

古都京都の文化財は、京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に存在する寺院等の総称で1994年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されました。
794年に平安京に遷都されて以来、約1200年にわたり政治・経済、文化の中心地として繁栄してきた京都には、神社仏閣の建造物をはじめ数多くの文化財が残されています。京都市・宇治市・大津市に17もの社寺が古都京都の「文化財」として登録されています。清水寺(きよみずでら)、延暦寺(えんりゃくじ)、醍醐寺(だいごじ)、仁和寺(にんなじ)、平等院(びょうどういん)、宇治上神社(うじがみじんじゃ)、高山寺(こうざんじ)、西芳寺(苔寺)(さいほうじ)、天龍寺(てんりゅうじ)、鹿苑寺(金閣寺)(ろくおんじ)、慈照寺(銀閣寺)(じしょうじ)、龍安寺(りょうあんじ)、本願寺(西本願寺)、二条城(にじょうじょう)の寺社は、その建築や庭園など古都京都ならではの特徴ある様式や意匠を今に伝えています。
これらの古都京都の寺院などは本当に日本が世界に誇ることのできる文化的遺産でしょう。
ぜひとも、じっくりとこれらの寺院に訪れたいものです。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。