伊香保温泉の見所と魅力

日本の名湯にひとつである伊香保温泉を紹介します。

群馬県渋川市伊香保町にある伊香保温泉は1300年の歴史があり、万葉集でも「伊香保温泉日本の名湯」と歌われた温泉です。
伊香保温泉は榛名山の火山活動で温泉が湧出し、1900年前に発見されました。
そして伊香保温泉のシンボルといえば石段ですが、300メートルのメインストリートの途中で、与謝野晶子の「伊香保の街」の詩と出会えます。この石段は神社まで360段ありますが、そもそも長篠の合戦での多数の負傷者の治療のため、山の上に湧きだしている温泉を効率よく宿に配給するための計画で作ったものといわれています。この戦がなければ伊香保の石段はなかったかもしれません。
そして石段の下に「石段の湯」は、和風な白壁の外観で迎える共同浴場です。

温泉は16ヶ所ある小間口から各旅館に供給されています。
伊香保温泉の泉質は硫酸塩泉で無色透明、酸素にふれると茶褐色にかわるお湯です。毎分4000リッターという湧出量で、ほとんどの旅館のお湯は露天風呂もすべてかけ流し湯というのが、湯量豊富を誇る伊香保温泉ならではです。

また、この伊香保温泉は文化人にも愛された温泉地で、代表的なのが竹久夢二で、アトリエを開きこの土地をたいへん好んだようです。その他、野口雨情も滞在していたということです。
また、伊香保温泉の名物といえば、「水沢うどん」です。水沢は伊香保のふもとにある町の名前ですが、名峰榛名の麓ならではの名水でゆでたうどんが評判です。

竹久夢二伊香保記念館、伊香保切り絵美術館、伊香保保科美術館、徳冨蘆花記念文学館
などの見所もたくさんあります。

また、伊香保祭りも、一見の価値のあるお祭りです。
町の中心365段の石段を登りきると伊香保神社があります。いにしえの昔、名神大神の社格を拝授した、承和二年(835年)九月十九日よりこの日を神社の例大祭としました。これより毎年九月十八日には宵祭りとし、十九日は例大祭、二十日に最終日が行われます。
江戸末期寄進の神社本神輿渡御や、子供から大人までが腰でもみあいながら石段をのぼり、神社に奉納する樽神輿渡御がありますが、急な石段をお神輿でもみあいながら登るところは見ごたえ十分で、中には勢いあまって石段を転げ落ちることもしばしばあります。
スリリングなお祭りを是非ご見学ください。また、近年伊香保に縁りのある明治の文学者、徳富蘆花の命日が九月十八日であったため蘆花追悼の蘆花祭や、温泉に感謝する湯汲み神事、石段街では、輪踊りなどの演芸が行なわれます。また町内大山祇神社でも例大祭がとりおこなわれ温泉街は、お祭り一色の熱気に包まれます。
タグ:伊香保温泉

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。