道後温泉の格調高い温泉宿の紹介

「道後温泉」は魅力もたくさんあって一度ならず何度でも足を運びたいものです。
三千年の歴史を誇る名湯「道後温泉」は、共同浴場「道後温泉本館」の周辺に、数多くの宿泊宿があります。これらの宿泊宿に滞在して「道後温泉」をゆっくりと満喫されたらどうでしょうか。道後温泉のお勧め宿泊宿・ホテルを紹介します。

・鮒屋旅館(ふなや)・<愛媛県松山市道後湯之町1-33>
道後温泉に江戸時代空開業し、以来380年という老舗旅館です。宿全体が老舗らしい落ち着きと風格があります。旅館客室は京都の数寄屋大工の匠の手になる特別室をはじめ五十四室。正岡子規が『亭ところ亭ところ渓に橋ある紅葉哉』と詠んだことによって名づけられた「もみじ橋」を渡り、庭園を横切る渓流を見下ろしながら露天風呂、檜風呂、石風呂を堪能でき、古代から湯治に親しまれてきた、体にとても良いアルカリ温泉「道後の湯」を、歴史や文学に触れながら満喫できます。

・道後温泉 大和屋本店・<愛媛県松山市道後湯之町20-8>
外観は風雅な数奇屋造りの温泉でです。四国松山は、藩政時代から能楽が盛んに行われてきた土地で、歴史と伝統を守るため大和屋では四階に能舞台「千寿殿」を設けており、毎日、舞いの披露があります。お風呂は日本庭園を眺めながらの露天風呂、広々として落ち着いた雰囲気の大浴場や檜風呂、足湯、手湯まであり、心ゆくまで道後のお湯を堪能することが出来る。また、この街ならではの、「足湯」「手湯」も、大和屋本店の玄関脇にも用意してあり、歓迎の意を感じます。

・道後館・<松山市道後多幸町7-26>
世界的に有名な建築家、故・黒川紀章氏の設計された宿泊宿です。どこか懐かしい江戸情緒とモダン、現代風な洒落た風合いが調和している外観と館内です。客室は一部屋、一部屋凝っており、京風、民芸、花数寄…など、どれも格式高い造りとなっています。三千年前から湧き続けるも、あつ湯、ぬる湯、打たせ湯、露天風呂、寝風など清潔で広々とした空間で楽しめます。また、大浴場には檜造りの寝湯や松山城一望の露天風呂、打たせ湯などがある。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。